お知らせ

平成26年度ヒラメの種苗生産が終了しました

担当者   種苗生産(屋島)  植原主任技師 明石係長

                  中間育成(小田)  上村係長 野坂主任 植原主任技師

生産期間  種苗生産(屋島)  2/4 ~ 4/8

                  中間育成(小田)  4/8 ~ 5/12

生産尾数  60mmサイズ  31.5万尾 (生産計画 25万尾)

 

   種苗は、卵から孵化後、約35mmまで約2ヶ月間、屋島の第2飼育棟で育成し、その後、小田の大規模中間育成施設の2号池に移して約1ヶ月間、中間育成しました。5/8~5/12の間に漁業者などに配布し、県下の海域に放流されました。生産計画尾数を上回る元気な種苗が出来ました。

   「左ヒラメに右カレイ」と言われるように、表を向けて腹を手前に置くとヒラメは左向きに、カレイは右向きになります。

屋島の飼育棟からトラックで小田中間育成場へ移送しました。

移送のため、飼育棟で取り上げ作業中のおびただしい数のヒラメ稚魚。踏まないよう注意して作業しました。

小田の中間育成場から出荷されるヒラメ種苗

Page Top