お知らせ

平成26年度クルマエビの種苗生産が終了しました

担当者   種苗生産(屋島)  中係長 宮内科長

                  中間育成(小田)  上村係長 野坂主任 植原主任技師

生産期間          H26/5/10 ~ H26/9/26

生産尾数  60mmサイズ  161万尾 (生産計画 190万尾)

 

   屋島のコンクリート水槽2面(200㎥)にクルマエビのノープリウス(浮遊性のプランクトン)を収容し、30mmの稚エビまで育てます。小田の大規模中間育成場では、この稚エビや別に県外から搬入した稚えびを二つの池に収容し、60mmサイズまで育てます。今年は、ビブリオ病の発生により、3ラウンド目の中間育成を行ったため、通常より1ヶ月程長い9月下旬までの生産期間となりました。大型の種苗ができましたが、生産計画尾数を下回り、課題を残しました。

    クルマエビは、体を丸めると車輪のように見えるので、この名がついたと言われています。成長が早く、夏場に放流した種苗は、秋から冬にかけて商品サイズに成長し、さし網や底びき網で漁獲されます。刺身や塩焼きなどが美味しく、オガ屑などの中に詰めて贈答にも使われます。

さぬき市小田にある72m×70m×1.5mの大規模中間育成池で育てます。

かごに入れて計量します。

トラックに積み込んで輸送します。

トラックのタンクに入れられたクルマエビ

Page Top