お知らせ

平成26年度キジハタの種苗生産が終了しました

担当者   種苗生産(屋島)  明石係長 中係長

生産期間          H26/6/30 ~ H26/9/22

生産尾数  60mmサイズ  16.3万尾 (生産計画 12.3万尾)

   病気の予防などの目的で、閉鎖循環飼育システムにより種苗生産を行いました。7月上旬に飼育している親魚の受精卵と、県外から譲り受けた受精卵を4面の水槽に収容し、孵化させて生産を開始しました。全長30mmを超えてくる8月中旬に大小選別を行います。大型魚による小型魚の共食いやストレスを防止して、生産効率を高めるため、選別し、サイズ別に分けて飼育します。また、良好な飼育環境を維持するため、毎日、糞や残餌などの清掃を丁寧に行いました。9月中旬に60mm以上に成長したものから漁業者などに配布し、県下の海に放流されました。生産計画以上の生産ができました。

   キジハタは、「あこう」とも呼ばれる高級魚ですが、近年、漁獲量も増加傾向で、値段も随分手頃になり、魚屋さんでも見かけることがあります。刺身でも煮付けでも美味しい魚です。

キジハタの親魚

餌に群がるキジハタ稚魚

もう少しで出荷サイズとなります。

プラスチックの容器に入れて出荷します。

漁業者が漁船で受け取りに来ました。

 

Page Top